*.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆ モノメイト.。*゚+.ディメイト.。*゚+.トリメイト.。*゚+.てとらめいと~ *.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

てとらめいと

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

ファンタシースター感謝祭2014行ってきたよ!!(予告)

  1. 2014.06.16(月) _00:56:37
  2. イベントレポ
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
こんばんは、もちんです。

今特別なDF終わって帰ってきました・・・。



本当はね、本当はさ。



ここでレポでも書くべきなんだろうけどね。







ラッピー、私、なんだかとっても眠いんだ・・・・・。







本当に眠い。

だって朝5時に起きて7時に電車乗って行ってきたんだもん。

朝の5時とか、普通にゲームしててそろそろ終わろうかーって時間だよ(それもどうなんだ



一回寝てくる。

寝て起きたらレポ書く。



おやすみなさい(ぱたり









edit

こwれwはwヒwドwイwww

  1. 2014.06.14(土) _19:36:49
  2. 引越記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

edit

ユピとコスとロビアクと

  1. 2014.06.13(金) _10:05:07
  2. キャラクター
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:3

もちんです。

おはようございます。



今日の主役はユピ!



ちょっと弥涼に本腰入れすぎて随分放置してしまったので、期間限定クエがあるうちにユピも鍛えようと思います。

とりあえず目指せLv50(・∀・*)

とか思ったら最初の期間限定クエでタガミカヅチに出会ってウマーでしたよw

今日ちょっと頑張ったら目標達成できる。*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。

戦闘中のSSにお見せできるようなものがなくて残念です。

戦いながら撮るって難しいorz



基本のユピ。

グリーンがイメージカラー。





ユピのサポキャラのエッジ



勘の良い方はお気づきですね。

はい、もちんはSO4が大好きです!!

頑張って似せようと思ったんだけど、ムズカシー><

ので、金髪碧眼だけ共通にしましたwww





ユピはゲーム好きなのでソニックロビーでテンション↑↑↑



 

マイルームのユピスペースはこんな感じ。

クエに出ないときは、きっとずっとゲームしてるんだよ。

薄月とかヴィロがゲーム友達。

もちろんマイルームの音楽も今はソニック。



もちんはセブンスドラゴンも大好きなので、今回の更新は熱かった!(*´艸`*)

でもスチューデント・Sレプカ海が高くて困ってますwww



追加ロビーアクション113 イチタロー2がユピっぽくてすごくお気に入り!



オートワードが「たまには本気出してもいいかな」とか「ありがとって言ってもいいかな」とかちょっと捻くれた設定なので、このちょっとやる気ない感じがユピに合ってるw

ちなみにユピの声は「男性追加ボイス47 桜井考宏」の+1か2だったな・・・。

アーカムの男子キャラどんだけ桜井さん声なんだよw

大人気声優さん、こんな小さなコミュニティでも大人気です♪(*´∀`人´∀`*)♪



最後にユピのセールスポイントを貼って終わりにしたいと思います。

 

説明はあえてしない。



和服ユピもオススメ





確実にとある人が釣れるSSを貼って本当に終わり!

 



WB練習中のユピを見かけたら一緒に遊んでやってください!!



あ!スペースチャンネル5とのコラボが来たことで、追加ボイスに石田彰さんが来る日が来るかもしれないと勝手にドキドキしています!!

パージ来い!!ヽ(☆´∀`☆)ノ



edit

【読み物】弥涼暮れゆく空宙の向こうに・4 byすずきささ

  1. 2014.06.12(木) _09:12:00
  2. 小説
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:2
 




強くなりたい。

私は、強くならなきゃいけないんだ。


 


もっと、もっと、もっと――!!!


 


陽の光が積もった雪にキラキラと反射してまばゆいナベリウスの凍土の中、その一心でカタナを振るう。

ジャストヒットとか、ガードとかもうそんなものもどうでもいい。

一秒でも早く、一体でも多く、敵を殲滅する強さが欲しかった。


 


ソルさんとアイシャさんのふたりを見て少しだけ感じた気持ちと、燈月のお兄さんを想っていた気持ちを重ねてしまったせいで、やっと見ることの少なくなっていたあの悪夢としか思えない現実の夢を、再び毎夜見るようになってしまっていた。


あの日の事は忘れていたわけじゃない。


けれど、半ば強制的に繰り返される日常を重ねて、心も半分くらいは大人になって、あの日の事を胸の底にしまうことができていただけ。

きっかけがあれば全部引きずり出されて、頭の中を占領して消えなくなる。

そして、いろいろな罪悪感が私を責め立てる。




あの日、お兄さんの大切なお姉さんは、こちらに向かっている途中だったはず。

私たちの住むエリアに来るには、大きなターミナル駅で乗り換える必要があった。

あの時お兄さんの言っていた「一番爆発の大きかった方」とは、そのターミナル駅を中心にした広い範囲だった事をアークスの研修中の授業で知った。


お兄さんは、きっとそっちに行きたかったはずなんだ。


でも、私たちがいるから、行かなかった。


私たちを探しに来てくれた。


そして、命を落とした。


最期に、大切なお姉さんに会うことなく――。


私たちのシップで生き残ったのは十人の子供だけ。

だから、お姉さんもお兄さんに会うことなく逝ってしまった。


(私が、来てほしくないなんて思ったから!)


力任せにイエーデを斬りつける。

けれど、倒しきれなくてまともに反撃を受けてしまった。

背中から地面に叩きつけられ、骨が軋む。


「ぅぐっ!……げほっげほっ」


こんなんじゃ、全然ダメだ。




それから。

あの日、お兄さんが死んでしまったのは私のせい。




お兄さんの背後から飛びかかろうとしたダガンを、私は足元に落ちていた支柱で殴りつけた。

倒せるとか考えたわけじゃない。

ただお兄さんの助けになりたかった。

でも、慢心があったと言われたら否定できない。

私は両親の勧めで剣術を習っていて、同い年だったら男子にだって負けたことはなかったから。


お兄さんの助けになれるかもって、心のどこかで思っていたんじゃないかって、自分で自分を疑っている。


私がバカだったから。

私が役に立たなかったから。

お兄さんは死ななくて済んだかもしれないのに、死んでしまった。

私をかばったせいで……。


だから強くなりたい。


大切な人を守れるように。

大切な人と、肩を並べて戦えるように。


「だから、こんな程度じゃ全然ダメなのにっ!」


心が焦るばかりで何もうまくいかない。

通信機からミッション失敗を通知するメロディが流れて、私はキャンプシップに強制収容された。


疲労感ばかりで何も得られず何も考える気になれない。

とぼとぼとアークスロビーを横切っていると、ちょんちょんっと肩を突かれた。

思わずそれに反応して振り向くと、「ふに」っと私の頬に何かが刺さった。


「いっすーずちゃん」

「アイシャさん……」


アイシャさんは満面の笑みを浮かべて、白く綺麗な人差し指でふにふにふにふにと私の頬を突き続ける。


「あの……、なんでしょう?」

「ん?」

「えっと、私に何かご用があるのでは?」

「ううん」

「え?」

「いすずちゃんが赤いほっぺしてたから突きたかっただけ。ほっぺ冷たいね。凍土行ってた?」

「はい。でも、うまくいきませんでした」


自分が情けなくて深いため息が出た。


「なら、チームに入ってみるか?」


その声に慌てて顔を上げる。

アイシャさんがいたら、ソルさんもいるに決まっていた。


「チームですか?」

「うん。弥涼はまだどこにも所属してないだろ。どこかいいなと思っているチームが特になければ、うちのチームに入ってみないか。ひとりで難しいこととか、助け合える」

「ソルさんの、チームですか?」

「俺じゃない。アイシャがマスターだから、アイシャのチームだな」

「アイシャさんの?」


私が意外だと驚いてアイシャさんの顔を見てしまったのに、アイシャさんは気分を悪くする様子もなく、すっと背筋を伸ばして腰に手を当て、大人っぽい目つきをして見せた。


「アーカムのマスター。アイシャです」


けれどシリアスは数秒と持たなかったようで、すぐに「うふっ」と笑うと私に飛びついてきた。


「いすずちゃん、ようこそアーカムへー!」

「え、あの。私まだ入るって言ってないです!」

「じゃ、今言って!」

「えっ?!」

「はい、復唱して。いすずはアーカムに入ります!」

「えっと、あのっ。私、全然強くないです!」


断り文句のつもりでそう言ったのに、アイシャさんはキョトンとした顔で首を傾げる。


「そんなのいいよ」

「良くないです!」

「いいよねぇ?ソル」

「もちろん」


アイシャさんに同意を求められたソルさんが、私を真っ直ぐ見て笑顔でうなづく。

その笑顔にまた引き込まれそうになって慌てて顔を伏せた。

私の仕草が自身無さげ故に見えたのか、ソルさんが優しいトーンで続けた。


「心配なら、俺たちが強くなれるよう手伝うさ」


その言葉に、はっとする。

このふたりに付いて行ったら、ソルさんに付いて行ったら、私は強くなれるかもしれない。

守られる立場じゃなく、守る立場に立てるようになるかもしれない。

突然、チームに入ることが強さへの近道に思えてきた。


「えっと、じゃぁ。よろしくお願いします」


アイシャさんに抱きつかれたままの私が小さく頭を下げると、アイシャさんはパッと私を放し、うれしそうに両手を上げてくるくると回って見せた。


「わーい!4人目のメンバーげっとー」

「改めて、よろしくな」

「はい」


強くなりたい。

ひとりでダーク・ラグネに立ち向かえるくらい。

誰の手も煩わせないくらい強く、強くなるんだ。





【読み物】弥涼暮れゆく空宙の向こうに・1 byすずきささ
【読み物】弥涼暮れゆく空宙の向こうに・2 byすずきささ
【読み物】弥涼暮れゆく空宙の向こうに・3 byすずきささ
【読み物】弥涼暮れゆく空宙の向こうに・4 byすずきささ


 * * * * * *



※この物語はフィクションです。

アーカムのメンバーが登場しますが、プレイ日記やチャットのログなどではありません。

でも、個々のキャラクターは押さえてるよ!



edit

【読み物】続・ぎわく by 作者不詳

  1. 2014.06.08(日) _17:01:23
  2. 引越記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

edit

弥涼のマイルーム

  1. 2014.06.06(金) _00:47:52
  2. マイルーム
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:4
こんばんは。

もちんです。

夜に更新とか珍しい・・・。

(だってラグひどいんだもん。(°pωq。))



今回は弥涼のマイルームをご紹介したいと思います。

なんでって、弥涼はコスチュームとインテリアに生きてるから!!w



まずは、動画を撮影した楽器部屋

レイアウトAの中央の部屋です。



あれから少し楽器の位置調整したりして、次の機会を狙っています。

・.。*†*。.ヽ(●´∀`)ノ ワーィヽ(´∀`●)ノ・.。*†*。.

全部そろっていますので、試したい楽器があったらどうぞおいでくださいませ!



次はレイアウトBの中央の部屋。

こちらは銭湯です。



雨風で冷えた身体を温めにいらしてくださいね!

体重量れますよw

(コスによって重さが変わるのでおもしろい。ラッピースーツとかリリーパスーツとかキャストさんとかいろいろ試してください)

フォトガチャン置いてありますがからっぽです。

ネタ切れで・・・。

ちょっとそろそろ真剣に何を入れるか考えよう、うん。



こちらはレイアウトBの右側の部屋です。

娯楽室?トレーニングルーム?



◆イアイマスター

 現在のハイスコアは0.038秒です(間違っても弥涼じゃない

 記録を塗り替える勇者を待っています!w



◆アノサイコロ

 NPCが運勢を答えてくれるおみくじです。

 結構がんばって考えたので、楽しんでいただけたらうれしいなぁ。



◆トリック・ダーツ

 PS Vitaでプレイ中のみなさん、トロフィー取りに来てください!!

 (100点でトロフィーもらえる)



その他にバーベルとサンドバッグがあります。

キャラの動きとか楽しいです。



レイアウトBの風景は遺跡です。

BGMの設定を最小にすると、水の流れる音がしてすごく気に入っています。



ちなみに、レイアウトAの風景は浮遊大陸です。

浮遊大陸大好きだwww

ウォパルも大好きだ!!



他にもいろいろ集めて設置していますので、ぜひぜひ弥涼のマイルームに遊びに来てくださいね。



弥涼は設置限度が300になることを心待ちにしています……



edit


【読み物】ぎわく by 作者不詳

  1. 2014.06.04(水) _05:07:07
  2. 引越記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

edit

緊急パラレル

  1. 2014.06.02(月) _14:21:06
  2. 引越記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

edit

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。