*.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆ モノメイト.。*゚+.ディメイト.。*゚+.トリメイト.。*゚+.てとらめいと~ *.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

てとらめいと

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

Twitterのタグがおもしろかったのでやってみた次第!

  1. 2015.10.22(木) _23:57:12
  2. 小説
  3.  コメント:2
#1RTごとに書く予定のない小説の一部分を書く

というタグがおもしろかったので、書いてみました!
4RT分です。
セイ、挿し絵SSありがとう( *´艸`)


* * * * * * * * * *


ここは戦うことを課せられた世界
平和は停滞を意味し、停滞は世界が崩壊する原因と定められた世界

大小様々な国の王が互いの国を破壊し土地を奪い合う
それにより世界は更新が成され、その形を維持していた
穏やかな時を過ごす事は許されず、戦いを拒む王には天より罰が下された

王の信念によって国の有り様は様々だった
世界の理を大義とし破壊を尽くす大国
王の身を贄とし偽りの平穏を繋ぐ辺境の小国
適度に破壊し適度に義理を果たす中立国
国境は風に揺れるように日々目まぐるしく入れ替わり、今日も明日も戦いの土煙が止むことはなかった


世界の中でも北寄りに位置したところに、少し風変わりな国があった

人の気配が全く感じられない国
深い赤と鮮やかな黒で彩られ美しく荒廃したこの国は、しばし閑寂の時を刻んでいた

そんな朽ち行く自国を、この国の王は何を感ずるでもなくただ高台から見下ろしていた

このまま滅ぶも悪くない――雷鳴止まぬ空を見上げた彼がぼんやりとそう考えた時
まるでそれを見透かしたように金色に輝く紅葉が一片、彼の目の前を舞った


それは、この国の王である彼に対する天からの「戦え」という威しにも似た啓示だった





PSO2サポーターズリンクに登録しています
(*≧▽≦)σぽちっと!してくれたらうれしいです!



スポンサーサイト
edit

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。