*.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆ モノメイト.。*゚+.ディメイト.。*゚+.トリメイト.。*゚+.てとらめいと~ *.。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

てとらめいと

.

スポンサーサイト

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

妄想が加速するRPG-Twitterまとめ-

  1. 2015.06.23(火) _22:34:20
  2. 小説
  3.  コメント:4
診断メーカーで「あなたが主役の乙女ゲー作ったー」というのをやってみたのです。
(見やすいように結果の一部を改行します)

乙女ゲーの弥涼/妖怪退治専門の巫女。
攻略対象
あなたの使い魔:神威(銀魂) 。
貴方に命を救われた男:デンマーク(ヘタリア)。
同僚の神主:綾部喜八郎(忍たま)。
イケメン妖怪: 奥村燐(青エク) です。
http://shindanmaker.com/277793

このラインナップなら綾部喜八郎先輩1択です。+゚(*´∀`*)。+゚(理由:cv石田彰さん)
燐(cv岡本信彦くん=クロトさん)もいいなと思うけど、青エクはまだ見たことがなくて(´・ω・`)


それで、これにフレンドさんを当てはめてみました(*´艸`*)


乙女ゲーの弥涼/妖怪退治専門の巫女。
攻略対象
あなたの使い魔:じんくん
貴方に命を救われた男:春松
同僚の神主:マサヤさん
イケメン妖怪: もみたん

追加でカラクリ番長がいます。(攻略キャラなの・・・?(´・ω・`)


我ながら良い配役!

もう正に表紙はこれで!
n02.jpg
(C)SEGA
IDuser/1887616


と自己満足した結果を貼るので、お時間があれば下のRead More »からどうぞ。



PSO2サポーターズリンクに登録しています
(*≧▽≦)σぽちっと!してくれたらうれしいです!


 
Twitterにつらつらと勢いだけで書いたのを貼りなおしているだけです。
おかしいとこあってもスルーしてくれるとうれしいです。
そしてキリが良いところまで付け足しました。





「狐織噺」

時は平安。
巷には魑魅魍魎蔓延る不気味な世界がまだまだ身近だった頃。

夕暮れ。
時期を迎えたササユリが、辺り一面に咲き誇っていた。
風に揺られて一斉になびくその景色を満足げに眺めている弥涼の隣で、辻神がふと風上に視線を移す。

「弥涼さん、風に微かですが人の血の臭いが混ざってます」
「遠い?」
「そう、ですね」
「行こう。間に合えばいいけど」
「自分が先に」
「うん、お願い」

弥涼が頷くのを確認すると、辻神はすっと体に煙を纏い、血の臭いがしたという風上を目指した。

弥涼が辻神の気配を追って彼に追い付く頃には、空にはもう銀に輝く月が出ていた。

「どう?生きてる?」
「はい。虫の息ですが、なんとか」

辻神の答えにほっと安堵のため息を吐く。

「死んでないなら助けられる」

弥涼は着物が汚れるのも厭わず青年の側に膝をつき、血の気の失せた顔をまじまじと見つめた。

「変わった身なり。異国のものかな」

そう言った後、どこからともなく緑色の薬を取り出すと、それを両手で捻り中身を青年の全身に降りかかるように高く放り投げた。

青年の顔に血色が戻り指先に反応があると、辻神が警戒を強めた。
周囲の空気がピリピリと張り詰める。

「大丈夫だよ。この人、変な格好してるけど悪い人じゃない」
「弥涼さんがそう言うなら……」

辻神が警戒を解くと同時に、青年が体を起こした。

「いったー…く、ない。あっれー?」

何かに襲われ激しく痛め付けられた自覚はあったのだろう。
青年は傷がすっかり癒えている自分の体を忙しなく眺め回した。

「傷はもう癒えてますよ。気分はどうですか?」

弥涼が声をかけると、青年ははっと顔をあげた。

「もしかして助けてくれたんだ?」

青年の問いに、弥涼はゆっくり頷いた。

「気分はどうですか?」
「うん、へーき」

青年はひょいと立ち上がると、軽く腰回りを両手で叩いた。

「とりあえず、ありがとー」
「どういたしまして」
「でさ。ここどこ?」
「私もこんなところまで来たのは初めてなので詳しくはないですけど、都からは随分と離れた所の様ですね」
「……都?」

青年は一通り辺りを見回すと、困った顔で頭を掻いた。

「本気で見覚えない場所なんだけど。なんだよ俺迷子じゃん」
「今日はもう夜も遅いですし、お困りなら私の家へいらっしゃいますか?」

弥涼の言葉に青年の顔がぱっと明るくなる。

「いいの?!」
「はい」
「マジで?!スゲー助かる!ありがとう!えっと・・・」
「弥涼です。こちらはじんくん」

弥涼に紹介された辻神が頭を下げると、青年はにこやかに自分の名前を告げた。

「俺、春松。よろしくねー」

月明かりの下、弥涼と辻神は春松を連れて来た道を戻って行った。

時折辻神が辺りを見回している事を弥涼も気づいていた。

「じんくん。襲ってくる気配はないし、今は先を急ごう」
「そうですね」

辻神はもう一度だけ気配のする方を睨むと、弥涼と春松の後を追った。






続くかどうかはわかりません!!(*´艸`*)
が、こんな出だしの乙女ゲーやりたーい!!



PSO2サポーターズリンクに登録しています
(*≧▽≦)σぽちっと!してくれたらうれしいです!

スポンサーサイト
edit

<<日本の夏!! | BLOG TOP | キリカポニーテール>>

comment

ロケ地:ハルコタン

  1. 2015/06/24(水) 00:04:41 
  2. URL 
  3. ロボ番長 
  4. [ 編集 ] 
ピーガガガ うぃーん
ユルスマジ、ユルスマジ

ぷそ弐 乙女ゲー企画、連載待った無し!

春松さんが倒れてたのはマガツサイのエリアかなー?

マイルームの和室とか和風拠点とかハルコタンエリアとか
意外にぷそ弐は和な撮影場所が多いよね


  1. 2015/06/24(水) 11:08:03 
  2. URL 
  3. 弥涼 
  4. [ 編集 ] 
場所がハルコタンとか全然考えてなかったっていうか、少年陰陽師な感じで書いてたwww

そかそか、ハルコタンでいいのか。

今じんくんと話してて面白いアイディアもらったから、続きかく気なかったけど書いてみようかなwww

  1. 2015/06/24(水) 17:06:18 
  2. URL 
  3. 瑞芽衣 
  4. [ 編集 ] 
まさかの春松(; ・`д・´)
変な恰好ってピンクのタキシードかな
それともアップルマンかな

  1. 2015/06/24(水) 17:14:18 
  2. URL 
  3. 弥涼 
  4. [ 編集 ] 
春松貸してえええヾ(*´∀`*)ノ♪
変な格好って、和服の世界に洋服ってだけだよ!!
アッポウマンじゃないよ!!www


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。